整腸作用

乳酸菌とビフィズス菌

ヨーグルトを購入するときに、”ビフィズス菌入り”と書かれたものと”乳酸菌入り”と書かれた物とがあります。
どちらも見た目同じ、味も同じなのに、どこがどう違うのか、不思議に思ったことはありませんか。
ビフィズス菌も乳酸菌も善玉菌であり、お仲間です。

働きもほぼ同じ働きをします。
そしてどちらも体内に存在しているものです。
整腸機能、浄化機能、ウイルス除去、新陳代謝を活性化させ、血流を促進させるので、健康と美容に優れた働きをします。
特に育ち盛りのお子様にはオススメの食品です。
これだけ様々な共通点があるのに、わざわざ区別している理由は、少しだけ違いがあるためです。
乳酸菌については、たくさんのサイトで説明されているので、ご周知の通り、たくさんの種類があります。

そして人間一人一人に顔や性格があるように、ビフィズス菌にはビフィズス菌ならではの、乳酸菌には乳酸菌ならではの特徴があるのです。
形が違います。
乳酸菌は球形をしていますが、ビフィズス菌はY字形もしくはV字形です。
ビフィズス菌は腸の中のみ存在し、酵素と混合すると壊れてしまいますが、乳酸菌は体のいたるところに存在し、しかも人間以外の植物や動物にも存在しています。

ビフィズス菌は死ぬまで体内で生成され、死ぬまでとどまり続けますが、加齢と共に減少して行きます。
乳酸菌も体内で生成されますが、量的には圧倒的にビフィズス菌より少ないです。
ですから量をカバーするために、ヨーグルトや漬物といった食品から補うのですが、そのまま消化されて対外へ排出されていきます。
酵素で壊れるということはありません。

乳酸菌からは乳酸が生成され、ビフィズス菌は乳酸と酢酸の両方を生成します。
ビフィズス菌入りのヨーグルトはよりすっぱさを感じます。
そして、地上に生を受けてから死ぬまで、人の腸を悪玉菌から守り続けまず。
どちらも腸が活発に働くためには欠かせない物質ですが、これだけ違うのです。
相互に助け合って、人の体を守ってくれるます。