整腸作用

動物性と植物性の乳酸菌

各食品メーカーの熱心な研究・開発の結果、乳酸菌にはたくさんの種類があることが明らかになりました。
大きく分けると動物由来と植物由来の二つとに分けることができます。
どちらも整腸作用があり、健康と美容に大変効果的であるという点では共通しています。
ですから、どちらを選んで食べても良いのですが、バランスという面で言うと、なるべく両方を同じように食べたほうが乳酸菌の栄養分をより豊富に体に取り込むことができます

その分、効果も大きくなります。
動物由来と植物由来の相違点は何かといいますと、たくさんあります。
読んで字のごとく、動物由来は、牛・ヤギ・羊・水牛などのお乳を乳酸発酵させて乳糖から乳酸を生成します。
ここからチーズやヨーグルト、ミルクとして市場に出されていきます。

動物由来の場合は含まれている食品が限定されてきます。
胃酸および熱に弱いので、胃腸にたどり着く前に消滅します。
したがって、他の微生物との共生は難しいので、ヨーグルトからまったく別の食品に変えるということはできません。
チーズはチーズのままです。


では植物由来はといいますと、世界中にあるあらゆる発酵食品に含まれています。
日本でしたら漬物・糠漬け・醤油・味噌・納豆・豆腐・日本酒など、
韓国でしたらキムチ、西洋ならサワークラフト、中国のザーサイ、
アフリカの密林に住む民族でも、実は発酵乳製品を作っていることもわかっています。
そのほか世界各国で形を変えて乳酸菌は活用されています。
含まれている食品に際限がないので、他の微生物との共存も十分可能ですから、加工しやすさがあります。
胃酸にも熱にも強いので、生のまま胃に届き、長く生息しては悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やしてくれます。
したがって、体の中で良い働きをするのは、主として植物由来ということになります。

乳酸菌が発酵すると、ブドウ糖・果糖・ショ糖・多糖類などあらゆるものから乳酸を生成しますから、漬物や日本酒などのコクもでます。

ここで、疑問が一つあります。
動物由来は私たちの体にどのような良いことをしてくれるのか?という問題です。
動物由来は植物由来のえさとなって、悪玉菌と戦うための力となるのです。

さらに分解されながらも腸を刺激して免疫機能をアップさせます。
けっして無駄死にしないのが動物性由来の優れた点です。
したがって、動物由来があるからこそ植物由来http://www.radioprlek.com/syokubutsei.htmlの働きがあるのであり、お互いに相互協力しながらわたしたちの健康を守ってくれているのです。