整腸作用

乳酸菌でインフルエンザも予防

乳酸菌といえばヨーグルトやヤクルト製品がいやでも頭に浮かんできてしまいます。
いずれもお茶の間ではおなじみであり、冷蔵庫にはいつも家族分の製品が置いてあるという世帯もあるほど、特に珍しい食品ではありません。
ヨーグルトはサラダでも、デザートでも、お菓子に入れても、ほんとにおいしくて、子供たちは大喜びします。
プレーンですと、ヨーグルト本来のすっぱさがあるので、男性には敬遠されがちです。

これらの食品に含まれている乳酸菌には整腸作用があり、おなかの中の悪玉菌を善玉菌に変えてくれることは、良く知られています。
ですから日ごろ便秘気味という人は、おおよそカップ半分程度のヨーグルトを可能なら甘味料を一切入れることなしに、プレーンで食する習慣をつけると良いのです。
食べ過ぎると、逆におなかがゆるくなりすぎて、後から自分がつらくなりますので、適量を守ることはしてください。
便秘解消とおなかの掃除をしてくれるというところから、美肌効果やアンチエイジング、ダイエット効果を期待して摂取しているという女性も多いようです。

実は最近の大手食品メーカーの研究結果から、さらに健康に優れた性質を持っているということが明らかになりました
なんとインフルエンザやノロウイルス、花粉症を退治してくれるというのです。
要するに冬から春先にかけて猛威をふるう感染症を引き起こすウイルスに絶対的効果を発揮するというのです。
一つの企業だけではなく、2つ以上の企業で、少なくとも同じ実験・研究を行って同じ結果を生んでいますから、これは有力情報と思ってまちがいありません。
乳酸菌と一口に言っても、種類が様々ありまして、それぞれに別々の乳酸菌の存在を発見しています。

実際に全国各地で、乳酸菌の力で上記のようなウイルスが完治したという体験談も数多く寄せられています。
インフルエンザは、予防接種が有効といわれながら、効果を発揮するまでの期間が長いために、肝心のウイルス予防としては頼りない処方だとささやかれている状態です。
しかも高額です。
乳酸菌が予防接種に変わる、インフルエンザ対策http://www.xaudiotools.com/innhuruennzabousi.htmlになるとすれば、絶対そっちを利用したいと思うのが自然です。
ただなんとなく健康のためと乳酸菌食品を食していた人たちは、少々考えを改めたほうが良いのではないでしょうか。