整腸作用

乳酸菌で感染症対応

わたしたちは常に様々なウイルスに囲まれて生きています。
もっとも有名なのは、ノロウイルスやインフルエンザなどです。
いずれも空気が乾燥しやすく寒い冬に感染しやすいものです。

しかも毒性も強く、感鮮度も高いものです。
かつてエイズが世界中で猛威をふるって、たくさんの人が命を落としました。
このように人命に大きな影響を与える恐ろしいものも多いのです。
すべて、性質も発症要因もまったく違うものですが、共通していえるのは体内の免疫力が低下した状況下で流行しているということです。

それなら免疫力を高めれば良いわけですよね。
そのために大変良い効果をもたらすものとして、医療業界からも注目を集めている乳酸菌があります。
代表的なものはヨーグルトであり、スーパーやコンビニなどでも手軽に手に入りやすいので家計にも優しく、誰でも手軽に購入ができます。
ノロウイルスはいわば食中毒に近い症状があり、エイズは不特定多数の異性との肉体関係を持った場合に発症しやすいものですから、まずは感染しやすいルートを断ち切ることが重要です。

季節に関係なく発症しやすいのは花粉症です。
これはいくら注意していても感染するときは感染しますので、人の努力ではどうにもなりませんが、人命にまで影響を及ぼすことはさすがにありません。
そのせいか、感染を自覚していてもドクターに頼るという人はほとんどいません。

感染後の症状や程度は違いますが、いずれも感染すればとてもつらい思いをします。
乳酸菌には良質のたんぱく質やビタミンといった栄養素も豊富ですので、整腸作用と共に免疫力も高めてくれる働きがあります。
すでに感染してしまったなら、やはり早めに専門医を受診することが重要となりますが、そうでない限り、まず感染に強い肉体をつくりあげることによって体の中から強くしてくれます
身を守るための防波堤を構築してくれますから、ぜひ積極的に日常の食事メニューに加えたいですね。