整腸作用

乳酸菌の菌について

乳酸菌といえばヨーグルトですが、チーズや漬物に含まれている善玉菌であり微生物です。
もともと体内にあるものですから外部からも違和感なく取り入れることができます。
体内で生成されるならわざわざ外部から取り入れる必要もなさそうなのですが、ホルモンや他の美容成分と一緒で加齢と共に減少していきます。

また食生活の乱れや昨今の欧米化された高かろりーな食習慣によっても影響を受けるため、不足しがちな乳酸菌を補わなければならなくなりました。
乳酸菌の効能については、ネットでもさかんに話題になっているので簡単に調べることができます。
ご周知の通り、おなかの調子を整えるだけではなく、インフルエンザや花粉症といったウイルスから身を守る機能、骨の発育促進、脂肪燃焼などいくつもの良い働きを体にしてくれます。
乳酸菌は牛・羊・ヤギ・水牛などの動物由来のものと、漬物など植物由来のものとに分けることができます。

いずれも働きに差はほとんどありませんから、好みに応じて選択することができます。
両者の違いは、酸に強いか弱いかの違いです。
動物性は酸によって分解され、もともと腸内にあった善玉菌のえさとなります。
したがって、胃腸にたどり着く事はほとんどありません。

それに比較して植物由来の乳酸菌は酸に強いので、生きたまま胃に届き、胃に到達したとたん活発に仕事をこなしていきます。
したがって、おなかの中の乳酸菌を増やしたいのであれば、動物性をせっせと口にし、胃腸の環境を良くしたいのであれば植物性をせっせと口にすれば良い訳です。
両方をバランスよく摂るようにすればさらに健康的になり、アンチエイジング効果も向上します。
何事もバランスの良い食生活を送ることに限ります。

乳酸菌はたくさんの種類があり、各メーカーが競って研究を進めてくれたおかげで、次々と菌が発見されました。
菌の名前をそのまま商品名にして売り出されているものも多いです。
最近は飲むヨーグルトも人気になっています。
食べるタイプと比べると、少々頼りないイメージもしてくるのですが、ウイルス除去という面から考えると、水分も一緒に取れる飲むタイプの方がより効率的に風邪や他のウイルスを予防できるのです。
目的に合わせて食べ分けると、なお効果的です。
みなさんも乳酸菌で健康生活はじめてみませんか。