整腸作用

乳酸菌と水分補給でウイルス対策

秋から冬にかけて猛威をふるうインフルエンザへの対抗策として予防接種が推奨されていますから、小さいお子さんをお持ちのお母さんたちは病院の予約をとるのに必死です。
実際、インフルエンザが流行りだしたという声が聞こえてくる時期になると、どこの病院も満員御礼といった感じです。
ところがこの予防接種、高額な割に効果なしとあまり評判がよくありませんね。
もともと流感の特効薬というのは存在しないのです。

ですから、病気をやっつけるというよりも、抵抗力や免疫機能をアップさせるという間接的方法で流感に対応するしかないのです。
人の体で免疫力が向上するには時間がかかります。
その間に感染してしまったらもうだめです。
インフルエンザにはたくさんの種類があり、毎年流行る風邪の種類が違うので、運がよければ薬の細胞が風邪の菌をキャッチして体内へ追い出してもらえます。
はずれた場合はなんとか自力でがんばるだけです。
なんとも頼りない話ですが、ここで注目されだしたのが乳酸菌です。

もともと整腸作用で知られるようになった善玉菌ですが、最近の専門家の研究で免疫力にも優れた機能を発揮することがわかりました。
とはいえ、同じ乳酸菌でもピンからきりまであり、各サプリメント業界や食品業界では乳酸菌研究に熱心に取り組んだ結果、それぞれに高機能な乳酸菌の種類を見つけては自社オリジナル名称をつけて製品化されています。
基本的に、どの製品でも効果に変わりはありませんから、お好みで選んでください。

特にヨーグルトは子供も大好きです。
食べる種類と飲む種類とが発売されていますが、もし免疫力アップに注目して選ぶなら、ドリンクタイプの乳酸菌がオススメです。
なぜなら風邪の菌の多くはおおよそ空気中を漂い、口や鼻から進入します。
鼻や気管の表面はいわゆる繊毛じゅうたんのような形になっていて、繊毛がゆらりゆらりと動くことで、外部からの余計な侵入者を追い出してくれるのです。
水分を多くとれば、その水分と一緒により排出しやすくなるのです。
ぜひ飲むヨーグルトを一家に一本用意しておきましょう。