整腸作用

乳酸菌の効果と食品・レシピ

乳酸菌と聞けばチーズやヨーグルトがすぐ思いつきます。
これらは動物性乳酸菌の部類であり、元は牛・ヤギ・水牛・羊などです。
それぞれのお国柄もあって、ミルクを絞る母体は違います。

糠漬けに代表されるように、和風の漬物にも乳酸菌が豊富に含まれています。
こちらは植物性乳酸菌のグループに入ります。
動物性乳酸菌は、日本以外のほとんどの国で作られ食されてきました。
仏教文化が長く育っていた日本では、動物の肉を食する習慣がなかったこともあって、漬物から乳酸菌を摂取していました。

これら動物性と植物性の機能はさほどの違いはありません。
ただし、動物性は胃酸で分解してしまい、腸までたどりつくのはほんの一握りです。
運よく腸に届いてもすぐに消滅してしまいます。
それと比較して、植物性は胃酸に強く、しっかり腸まで届き長い間働き続けます

そうしたことを考えると、ヨーグルトやチーズももちろんおいしいし、健康と美容にも良い効果をもたらすので、積極的に食べてほしいのですが、同時に古くから伝わる日本の漬物もぜひおかずの一品として常備していただきたい食品です。
では、チーズやヨーグルトは食べても無駄ということではありません。
分解されてしまうのと同時に善玉菌を増幅させるためのエネルギーに変わるので、けして無駄にはなっていないのです。
ただ継続して食べ続けないと減少していくだけなので、一日に一品は食べていただきたいのです。
乳酸菌はいわば発酵乳であり発酵食品ですから、日本で言えば、納豆や豆腐、糠漬け・たくわんを含む漬物・キムチ・味噌・醤油といったものをあげることができます。

これらは胃酸に強いので、ご飯と一緒か食前にいただき、食後のデザートや生サラダとして動物性乳酸菌を生食いすれば、より豊富に乳酸菌を体内に取り入れることができます。
その結果、
お通じが良くなる
・脂肪燃焼によって体脂肪を減らせる

・カルシウムも補給できるので精神安定や骨・関節の補強、成長を促進させる
・肌がきれいになる
など、様々な効果を促すことができます。
しかも価格も安価なものが多いので、家計にもやさしい健康食ということになります。
より集中的に摂取したいなら、乳酸菌のサプリメントという形でも市販されています。
それぞれの状況と目的に合わせて摂取の仕方を工夫してみてください。